フリーランスとして月20万円稼ぐ方法【効率アップと月30万も解説】

はじめまして、タクヤ(@takuya_tweet)です。

会社員からフリーランスになって2年目になります。
僕はフリーランスとして独立してから、半年経った時、やっと月20万円稼げるようになりました。

稼げる前は月20万円と言うと、達成が難しい金額に感じますが、初心者でも無理な目標ではありません。

この記事のもくじ

  • フリーランスが月20万円稼ぐ方法【おすすめ理由も解説】
  • フリーランスで月20万円稼ぐための具体的行動を解説
  • フリーランスとして月20万円稼ぐスピードを上げる【月30万円・月50万円も可能】

それでは、解説していきます。

フリーランスが月20万円稼ぐ方法【おすすめ理由も解説】

僕がおすすめする月20万円の稼ぎ方はこちらです。

  • ライディング
  • プログラミング(WEB制作)
  • デザイン/イラスト
  • 動画編集
  • 番外編:ブログ

1つずつ解説していきます。

方法①:ライティング

月20万円を稼ぐ手堅い方法として、ライティングがおすすめです。
正直、地味なのであまり人気がありませんが、かなり狙い目。

理由としては、特別なスキルが不要で即始められるからですね。

厳密に言えば必要なスキル

  • 正しい文章を書ける
  • SEOを意識した記事構成
  • 読者や記事作成依頼者のニーズを読み取る

上記のようなスキルがあれば、高単価な案件を受けられますが、ノースキルでも低単価な仕事が受けられます。

超初心者の頃は単価が低いですが、基礎スキルなしでも稼ぎながらスキルアップできるフリーランス案件ってライティングしかないです。

とは言っても、ライティングで月20万円稼げるの?

しっかり稼げます。
ランサーズ等のクラウドソーシングサイトでは、稼いだ金額の年間ランキングがあるのですが、ライターが上位にゴロゴロランクインしています。

びっくりする桁を稼いでいますね。
桁違いなライターを目指すのは難しいですが、月20万円であれば到達可能ラインです。

方法②:プログラミング(WEB制作)

金額で言うと、プログラミングが1番少ない案件で月20万円稼げます。
1案件当たりの単価が高いことが理由です。

プログラミングの中でも、WEB制作はフリーランスでも受けやすい案件が多いのでおすすめ。
とは言っても、プログラミングの基礎スキルとある程度の実績は必須です。

プログラミングで月20万円稼ぐのに必要なもの

  • 成果物を作れるレベルの基礎スキル
  • 実績として公開できるポートフォリオ

ポートフォリオは、「私はこんな感じのモノが作れますよ」というスキル証明になります。
WEB制作なら、練習で作ったWEBサイトを数種類用意しておくと良いです。

WEB制作で月20万円稼げるようになるには、3ヵ月~6ヵ月くらいの学習時間が必要になります。
学習の時間があまりとれない人であれば、半年以上かかるので、お手軽ではないですね。

方法③:デザイン/イラスト

デザイン/イラストをメインにフリーランスで稼ぐ人は、デザインの専門学校出身であったり、美的センスに優れた人だけではありません。

確かにデザインと言うと、絵が上手い人のイメージがありますね。
おすすめなのは、WEBデザイン・UIデザイン・チラシデザインといったジャンルです。

僕はWEB制作がメインのフリーランスなのですが、上記のデザインを外注したいなと思うことが多いです。
外注をしたいが良さげな人を見つけられないというフリーランスや企業は多いはず。

僕がWEBデザインをお願いしたいデザイナー

  • 信用できる(連絡が早い、飛ばないなど)
  • 納期が比較的早い
  • WEBの設計等に理解がある

上記の3つをクリアしていれば、仕事の絶えないフリーランスデザイナーになれます。

独創的なセンスのデザインよりも、よくあるシンプルで使いやすいデザインの方が需要が高いので、普通の人でも月20万円に到達できます。

方法④:動画編集

YouTube編集などの需要が高まり、動画編集も月20万円稼ぎやすくなっています。

WEB制作やデザインだと、ライバルが企業だったりしますが、YouTube等の動画編集だとライバルはフリーランスばかりです。

動画編集ソフトの扱いを覚え、YouTubeでよくある編集などを学べば、仕事を受けることができます。
ライティングほど高速ではありませんが、WEB制作よりは敷居が低く、取り組みやすいですね。

1つ注意があるとすれば、パソコンはそこそこのスペックが必要です。
格安のノートPCとかでは動画編集ソフトは動きません。

30万円超するMacbook Proを買う必要はありませんが、新規で購入するのであれば10万円以上の初期投資は必要になります。

あと、重い動画ファイルを送受信するので、高速な回線じゃないときついです。
僕はポケットWifiで挑戦しましたが、即光回線に替えました。

番外編:ブログ

ブログでも月20万円稼ぐことは可能ですが、フリーランスにはおすすめしません。

この記事を読んでくれている方は、フリーランスとして月20万円稼ぎたい(まだ稼いでいない)人が多いと思います。
フリーランスとして1本目の事業にはブログは危険ですね。

ブログをおすすめしない理由

  • 生活費を稼ぐまで1年以上普通にかかる
  • 1年かけても稼げない可能性がある
  • 稼げるまで報酬0円

上記の理由です。

サラリーマンの副業や貯金が半端ない人にはブログがおすすめです。
稼げなくても問題ないですからね。

フリーランスがブログで稼ごうとするのであれば、別の方法で生活費を稼げるようになった後、2本目の事業として選ぶのがおすすめです。

フリーランスとして月20万円稼げたら見える世界が変わる

フリーランス、もしくはフリーランスになりたい方であれば、月20万円は達成したい最初の目標かもしれません。
僕の場合はそうでした。

月20万円というと、サラリーマンの給料と比べると低いです。ボーナスもないし。
ですが、フリーランスにとっての月20万円は自由への切符だったりします。

贅沢はできないけど、生きてはいけるし、好きなところで仕事をして好きに休むことも可能です。
月20万円を超えるまでは、例えフリーランスでも不安過ぎて精神的に不自由になりがち。

仮に廃業してサラリーマンやフリーターになっても、副業として数万円は稼ぐスキルになりえます。
そう考えると、地道に努力してみる価値はありますよね。

フリーランスで月20万円稼ぐための具体的行動を解説

ここからは、月20万円に到達するまでにどんな行動をすれば良いか解説します。

ライティング

ライティングで月20万円稼ぐ行動

  • ①「ライティング 方法」等で検索し10件くらい記事を読む
  • ②ランサーズに登録し、仕事を受けてみる
  • ③数をこなし、ライティングスキルを上げていく
  • ④ライティングをしながら、ライティングの勉強を続ける
  • ⑤クライアントに単価交渉

⑤まで進んだら、再度③に戻り、半永久的に続けます。

1文字1円くらいの単価なら比較的早く辿り着けるのですが、200,000文字書けば20万円稼げます。
200,000文字を30日で割ると、約6,666文字です。
1日6,000文字強書けば、月20万円達成できます。

1文字1.5円であれば、1日4,444文字です。
単価交渉と執筆スピードのアップが要となります。

プログラミング

具体的にはWEB制作です。

プログラミングで月20万円稼ぐ行動

  • ①HTML/CSSの入門書を勉強
  • ②入門書を見ながら実際にサイトをいくつか作る
  • ③クラウドワークスの案件にある参考URLを練習で作る
  • ④参考URLレベルを作れれば受注可能レベルなので、実際に受ける
  • ⑤スキルを磨きながら仕事を受け続ける

以上の感じ。
③④部分ではGoogle検索などを多用するイメージです。

分からないことが出るたびにGoogleで検索すればOKです。
優秀な先輩方が丁寧に情報発信してくれているのは、この業界のメリットですね。

実際に案件に応募する際は、参考URLを見て練習で作ったモノをまとめ、ポートフォリオとしてアピールしましょう。

初心者であっても、以下のイメージで月20万円を目指せます。

  • ランディングページ:5万円×4ページ
  • ランディングページ:10万円×2ページ
  • ホームページ:10万円×2サイト
  • ホームページ:20万円×1サイト

とは言っても、そんなすぐに参考URLを作れるようにはならないので、地道で中期間の鍛錬が必要です。

デザイン/イラスト

個人的なおすすめはWEBデザイン特化です。

WEBデザインで月20万円稼ぐ行動

  • ①フォトショップ、イラストレーターを勉強
  • ②WEBデザインを勉強
  • ③練習でデザインを作りポートフォリオにまとめる
  • ④WEB制作をしている企業、フリーランスに営業

上記の流れです。
②の勉強については、本でも動画でも好きな方法で大丈夫です。

本の方がひとまとまりになっているので、勉強が楽ですが、動画の方が分かりやすいという人もいますよね。

僕の場合だと、最初入門書をサラッと読んで、動画やGoogle検索で知識を追加していくかなと思います。

WEBデザインだと、WEB制作と似てきます。

  • ランディングページ:3万円×7ページ
  • ランディングページ:5万円×4ページ
  • ランディングページ:10万円×2ページ
  • ホームページ:10万円×2サイト

営業した企業やフリーランスによっては、継続的に仕事を頼まれる可能性が比較的高いので、安定した仕事量や単価アップも望めるメリットがあります。

動画編集

動画編集で月20万円稼ぐ行動

  • アドビプレミアプロを勉強する
  • よくあるYouTube動画を編集できるようにする
  • サンプルを作り、YouTuberに営業する
上記の感じです。

動画編集ソフトはプレミアプロがおすすめです。
少し高めですが、シェアがかなり高いので、動画ファイルをやりとりする上で必須です。
ソフトが違うと面倒なので、動画編集者の募集ではプレミアプロ指定があったりします。

勉強方法はYouTubeなどネットでいいかと思います。
動画編集というだけあって、動画の解説がたくさんあります。

営業するYouTuberは、大手すぎず、お金に余裕がありそうな大人がおすすめです。
Twitter等で動画編集チームのメンバーを募集していることもあるので、応募するのも良さげです。

毎日投稿のYouTuberの動画編集を担当すれば、以下の感じ。

  • 1本6,666円なら、30日で20万円
  • 1本5,000円なら、30日で15万円
  • 1本3,000円なら、30日で9万円
1本3,000円ちょっとだと、労力的に安すぎですが、2人受注すれば20万円いきそうですね。
1本5,000円の毎日更新を1人受けられれば、月10本動画を出す人を探せば、20万円。

フリーランスとして月20万円稼ぐスピードを上げる【月30万円・月50万円も可能】

フリーランスとして月20万円稼げるようになった後は、効率を上げてスピードアップすべきです。

月20万円の効率を上げる方法

  • 単価を上げる
  • 作業スピードを上げる
  • 付加価値をつける
  • 外注する
単価と作業スピードについては、再度解説しません。
どちらも短い時間で月20万円に到達でき、月30万円・50万円が目指せます。

付加価値をつける

付加価値をつける例

  • ライティング:SEO知識と掛け合わせる
  • プログラミング:マーケティング知識と掛け合わせる
  • デザイン:ユーザビリティを意識する
  • 動画編集:YouTube広告を運用する

など、依頼者が価値を感じることであれば何でもOKです。

外注する

自分が受けていた仕事を人に外注すれば、消化できる仕事量は増えます。
大量に受けて、外注し手数料をもらう感じですね。

管理が大変だったり、人や仕事を探すのが大変ですが、収入の上限が一気に上がるので挑戦する価値はありますよね。

今回は以上です。

途中でも少し触れましたが、月20万円はフリーランスにとって自由への切符です。
自由への切符を手にするため、毎日地道に作業してみてください。