【保存版】未経験からフリーランスになる超具体的な方法

フリーランスで稼げない状況を抜け出す方法5選【実行するだけでOK】

ようこそ、タクヤフリーランス(@takuya_tweet)へ。

僕はフリーランス3年目の人間でして、過去何度もフリーランスとして稼げない状況に陥りました。
具体的には「仕事が思うように取れなくて、稼げないので生活が不安になる」といった状況ですね。

過去の僕の絶望

  • 有効な営業方法がわからず、仕事がない
  • 仕事を取れたとしても単価の安い仕事で生活が安定しない
  • 案件が単発なので、常に来月・再来月の収入に不安を感じる
  • とにかくフリーランスとして稼げない
  • 何をすれば稼げない状況を抜け出せるか具体的な方法が知りたい!

上記の通りです。何度も絶望し悩んだ経験があります。

そこで本記事では、「フリーランスとして稼げない状況を抜け出すための具体的な方法」について詳しく解説していきます。

過去の僕と同じような絶望を味わっている方の参考になれば嬉しいです。

この記事の内容

  • フリーランスで稼げない状況を抜け出す方法5選
  • 稼げないフリーランス卒業のため2つの行動を続けるべき
  • 今すぐ稼げない状況を突破し稼げるフリーランスになろう

フリーランスで稼げない状況を抜け出す方法5選

この手の解説記事って、具体的でない抽象的なアドバイスが多いですよね。
「稼げないフリーランスの特徴」を紹介して、当てはまらないよう気を付けよう的な感じで。

過去の僕はそういった情報を見て、以下のように思っていました。

  • 稼げない人の特徴はわかったけど、それを知ったところで今の問題は解決しない
  • 稼げなくて困っているのは今この瞬間
  • 即効性のある方法が知りたい
  • とりあいず、これをすれば稼げるといった具体的な方法を知りたい

今この瞬間、来月・再来月の生活費の心配をしているのに、「こんなフリーランスは稼げない!気を付けろ!」と言われても困りますよね。

気を付けて「稼げるフリーランスの特徴」を満たす前に、経済難でフリーランス廃業してしまいます。
なので、僕は「フリーランスとして稼げない状況を今すぐ抜け出す具体的な方法」を紹介します。

フリーランスが稼げない状況を突破する方法

  • フリーランス専門の求人サイトを使う
  • フリーランス向けのエージェントを使う
  • 一旦就職して、特殊能力を身につけて帰ってくる

1つずつ解説していきます。

フリーランス専門の求人サイトを使う

フリーランスには専門の求人サイトが割と多く存在します。

といっても、多くは案件数が十分でなかったり、過疎化していたり、高いスキルや経験が求められる案件ばかりなことが多いです。

そんな中、僕が実体験としておすすめできる、今すぐ「稼げないフリーランス」「生活費に困るフリーランス」を脱せる求人サイトは『Another works』です。

Another worksがおすすめな理由

「Another works」は、複業をしたい方と複業人材を採用したい企業を繋ぐマッチングプラットフォームです。
複業を希望するユーザーは登録・利用料も無料で複業先を自由に探すことができます。

フリーランスや副業で収入を得たい会社員の方向けの求人サイトですね。
Another worksは今結構グイグイ伸びているサービスで、案件数がかなり豊富です。

さらに、難しい案件だけがあるわけでなく、スキルや経験のレベルによって案件が分けられています。

Another worksの経験年数・レベル分け

  • ALL(年数不問)
  • Junior(~3年)
  • Middle(3年~)
  • Senior(7年~)
  • Expert(10年~)

Another worksの案件種類

  • 営業
  • マーケター
  • エンジニア
  • デザイナー
  • コーポレート
  • 人事
  • 広報・PR
  • エグゼクティブ・コンサル
  • カスタマーサクセス・サポート
  • PM

もちろん登録も使用も無料です。
Facebook等でアカウントを作れます。僕はFacebookで作りました。

Another worksのポイント

Another worksっていっても、クラウドソーシングと変わらないんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

Anoter worksがおすすめな理由は、「案件数が多いこと」「新しい案件がどんどん追加されること」「サービスが伸びていること」だけではありません。
この理由だけだと、大手クラウドソーシングでも当てはまりますからね。

Another worksの強みは、ゴミみたいな案件がないことです。
全ての案件・求人を見たわけではないので、もしかしたら少しはあるかもですが、僕は見かけたことがありません。

クラウドソーシングだと、絶望的に単価が安かったり、超膨大作業の案件だったり、正直ゴミみたいな案件も多くありますよね。

Another worksは良質そうな案件ばかりです。
大げさに言うと次の通り。

  • クラウドソーシング:大量のガラクタの中から掘り出しものを見つける
  • Another works:選抜されたセレクトショップで自分の好みに合うものを探す

上記のイメージです。
※僕はクラウドソーシングも好きだし、有効なので使うべきだと思っています。

Another worksの案件が良質な理由

僕の推測ですが、Another worksの案件が良質な理由はサービスの料金体系にあると思います。

  • Another works:発注側(企業)が毎月定額でサービス使用料を支払い、求人を出す
  • クラウドソーシング:求人を出すのは無料で、仕事を依頼したら支払い報酬から手数料が引かれる

Another worksだと、企業側は定額の利用料を支払うわけなので、ある程度予算や仕事量に余裕がある発注者でないと入りにくいですよね。

対してクラウドソーシングは、募集は無料だし、成約しても報酬から手数料が引かれるだけなので、「とりあいずダメ元でも安く募集出しとけ!」が成り立ちます。

ちなみにAnother worksは働く側(フリーランス側)にとっては手数料など支払いゼロ円です。

Another worksを使えば、稼げない状態をすぐに突破できる

Another worksは、企業側の採用したい欲が活発です。
どの求人も活き活きしています。
人が足りていない、できるだけ早く仕事を消化してくれる人が欲しい場合が多いからです。

なので、Another worksで仕事を探せば、すぐにフリーランスとして稼げない状況を脱出でき、さらに継続して生活が安定させやすいはずです。

実際、過去の僕もAnother worksに偶然出会って試してみたところ、数日後に数十万円の仕事を受注できて「おお!」となりました。

フリーランスで稼げない状況を根本から解決できるものではないのですが、とりあいずAnother worksから受注していれば、当面生活には困りません。

>>Another worksはこちら

フリーランス向けのエージェントを使う

Another worksでは、結局自分で主体的に動き、募集に応募して仕事を獲得しなければなりません。

対して、登録するだけで仕事側からやってくるのが「フリーランス向けのエージェント」です。
稼いでいるフリーランスのほとんどがエージェントに登録しているはずです。

フリーランス向けエージェントを使うメリット

  • 自分で営業する必要がなく、エージェントさんが代わりに仕事を紹介してくれる
  • 企業側とフリーランスの間にエージェントさんが入るので交渉が楽
  • エージェント側にも仕事を仲介することで仲介料を貰うメリットがあるので、できる限りフリーランスが受注できるよう相談に乗ってくれ、仕事量と報酬が安定する
  • 複数のエージェントを同時で使えるので条件の良い仕事を選べる

上記のとおりです。

また、フリーランス向けのエージェントは登録しておくだけでも仕事のオファーがくるので、「自分は今どれだけ稼げるのか」把握することもできます。

仕事を紹介されても受ける受けないは選択できますからね。

絶対登録すべきおすすめのフリーランス向けエージェント

フリーランス向けのエージェントはたくさんあるのですが、全て入っても使いきれないので3つに厳選してみました。

1つずつ紹介していきます。

Midworks(ミッドワークス)

Midworksは以下の3点で2年連続1位に輝いています。

  • エンジニアが選ぶIT系フリーランス専門エージェントサービス
  • 価格満足度の高いIT系フリーランス専門エージェントサービス
  • 案件充実度の高いIT系フリーランス専門エージェントサービス

また、Midworksの特徴は「豊富な案件数」と「フリーランスと正社員の良いとこ取りをした働き方を実現する手厚い保証」があることです。

  • 手厚い保障内容で正社員並みの安心感
  • → 給与保障制度(審査あり)
  • → 交通費支給(月3万)キャリアアップの為の勉強代費(月1万)等
  • 還元率80%超え&クライアント単価公開でクリアな契約
  • エンジニア特化キャリアコンサルタントならではの長期的な人生の充実を見据えた総合的なアドバイスやフォロー

大手エージェントであり評判も高いので登録しておくべきです。

フリーランスでありながら生活が安定しやすいので、生計を立てていく土台が完成し、人生が安定しやすくなります。もちろん無料です。

>>Midworksはこちら

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは業界超大手のフリーランス向けエージェントです。

  • フリーランスエージェント業界認知度1位
  • フリーランスエージェント登録者数1位
  • 利用者の平均年収862万円

主な特徴は以下の通りです。

  • 業界最大級の案件を保有。
  • 業界トップクラスの高単価報酬、低マージン。
  • コーディネータの実績、丁寧な対応。無理な案件のご提案はいたしません。
  • 案件参画中のフォローの充実。人材担当、企業担当の他に、フォロー専門の担当がおります。
  • 早期の契約更新確認。契約の途切れの不安を解消するよう、徹底した早期確認を行なっています。
  • 参画優待サービス。宿泊施設やスポーツクラブ、映画館の優待チケットの特典満載。

言い方に語弊はありますが、どんなサービスを比較する場合でも超大手はおさえておくべきです。

例えば、スマホの性能を比較する時、マイナーな3機種を比べてもあまり意味がないですよね。
業界のスタンダード。大手として君臨している実力と比べなくては、わかりにくいです。

マイナーなスマホも、iPhoneやその他人気機種と比べて初めて、業界内でどのレベルなのか、自分にとって適しているのか把握できます。

フリーランス向けエージェントを利用する際も同様に、超大手であるエージェントを利用してみないと、自分にとっての優劣がわかりにくいです。

そして、スマホ超大手のiPhoneも知名度だけでなく、しっかりとした品質・実力も備えているように、レバテックフリーランスも満足度の高いおすすめのエージェントとなります。

>>レバテックフリーランスはこちら

リモートビズ

リモートビズは、リモートで働くエンジニア、デザイナー等のリモートワーク専門のエージェントです。

Midworksやレバテックフリーランスにもリモート案件はありますが、リモートビズの場合、リモート専門のエージェントになります。
僕は地方に住んでいて、リモートワークは絶対条件なのでリモートビスが本命といった気持ちです。

特徴は以下のとおりです。

  • IT関係の仕事を中心に場所を選ばないリモート案件専門のエージェント
  • Web系企業の直案件がほとんど
  • 地方での生活や育児・介護の両立した新しい働き方を応援している
  • 時短、副業など、個人に合わせた仕事のスタイルが可能

リモート案件が良い方には特におすすめしたいフリーランス向けエージェントです。

>>リモートビズはこちら

3つのエージェントに登録し、オファーを受けておく

「Midworks」「レバテックフリーランス」「リモートビズ」の3つに登録し、仕事を受けられる準備をしておきましょう。

当面の生活費が危険なので、すぐにでも仕事を受注したいという方は、できる限り即仕事を受注してみのがおすすめです。

当面の生活はとりあいず大丈夫という方は、3つのエージェントからの連絡を受け、自分が受けられる案件・待遇感を把握しつつ、自分にとってベストな選択を考えてみましょう。

どちらにせよ、まずは登録して準備を済ませなければ始まりません。

良ければどうぞ。

一旦就職して、特殊能力を身につけて帰ってくる

Another worksとフリーランス向けエージェントについては、「フリーランスとして稼げない状況」→「稼げるようになる」という選択でした。

次は一度フリーランスとして稼ぐことを諦める選択です。

「フリーランスとして稼げない状況」→「別の収入を作りながらフリーランスで使えるスキルも磨く」といったイメージです。

当面の生活は就職で稼ぐ

フリーランスで稼げない状態が続くと生活できないので、一度就職し、サラリーマンの給料で当面生活します。

現状では稼げないのだから、別の方法を選ぶ。自然な選択です。

といっても、フリーランスを諦めるわけではなく、フリーランス業と同じ業種で就職します。

フリーランスとして稼げないのは何かが足りていないから

世の中にフリーランスとして稼げている人間はたくさんいます。
その人たちとの差を埋めれば、自分も稼げないフリーランスから稼げるフリーランスに進化できるわけです。

大抵の場合は、スキルだったり、営業力だったり、ビジネスモデルの知識・経験不足だったりとシンプルなパワー不足です。

その不足を埋めるため、一度同じ業種でお金を稼いでいる企業に就職し、そこで修業します。
給料をもらいつつ、修行するわけです。

再度フリーランスに挑戦する際は、同じことをすればOK

企業で2,3年働いてみて、「もうフリーランスとしていける!」「もう一度フリーランスに挑戦してみたい!」と思えば、退職しフリーランスに戻りましょう。

その際には、2,3年企業がやっていたことをそのままやれば、稼げる確率は高いです。

もちろん、働いていた企業から仕事を奪おうとしたりするのはNGですが、ノウハウ的なものはまるまま実践すれば良いと思います。

もちろん100%同じようにできるわけではありませんが、以前と比べると必要スキルの熟練度や具体的な営業方法、ビジネスモデルの知識・経験が段違いのはずです。

就職してみて居心地が良ければ、そのまま働いてOK

フリーランスが一番幸せとは限りません。
フリーランスを目指していたけど、「この会社・仕事が好き」「サラリーマンの方が良いな」と感じたらそのまま働きましょう。

価値観は変わっていくし、居心地が良いと思える会社に出会えたことは人生の中で結構なラッキーイベントだと思います。

紆余曲折しつつ、自分が満足できる選択をしていくことをおすすめします。

稼げないフリーランス卒業のため2つの行動を続けるべき

フリーランス向けのエージェントやフリーランス向けのマッチングサービスは稼げない状況から抜け出すためには、かなり有効な手段です。

とはいえ、一生エージェントやマッチングサービスといった外部サービスに依存して仕事を取ってもらうのは微妙です。

やっぱり「自分で仕事を取って稼げるフリーランス」は安定感が高く強いです。

エージェントでの待遇の決まり方

エージェントでは、「スキルの高さ」や「経験・経歴」といったステータスで待遇が決まりますよね。

限られた一部の人は、超努力やこれからのキャリア次第で勝てるかもですが、普通は無理ですよね。僕は確実に無理です。

サラリーマンと比べても普通に高収入を目指すとか、稼げない状況から抜け出すには、エージェントが超有効な手段であることは紛れもない真実ですけどね

自分で仕事を取るフリーランスなら収入や働き方は青天井

自分で取る仕事であれば、当然ですが待遇は自分で決められます。

「フリーランスで稼げない状況の抜け出し方」の記事でそんなこと言っても仕方ないと思うかもですが、『自分で仕事を取れるようになるための行動』だけは継続して行っていくのがおすすめです。

今は自分で稼げないからエージェントに頼るけど、自分で仕事を取るための施策を続けて、その先で「自分で仕事を取れるフリーランス」を目指しましょう。

稼げないフリーランスにならないためにおすすめの記事

あと、ミツモアというサービスに登録しておいくのも良いと思います。
可能性のある場所にはなるべくクモの巣を張っておきましょう。

>>ミツモアはこちら

今すぐ稼げない状況を突破し稼げるフリーランスになろう

この記事の内容をまとめると次のとおり

  • フリーランスで稼げない状況を抜け出す方法は5つ
  • Another worksに登録して仕事をを受注する
  • Midworksに登録して案件の紹介を受ける
  • レバテックフリーランスに登録して案件の紹介を受ける
  • リモートビズに登録してリモート案件を受ける
  • 一度就職して経験を積み、フリーランスに戻って企業と同じことをする
  • 稼げない状況を抜け出したら、「自分で仕事を取れる準備」も進める

上記のとおりです。

最後に1つ追加で命をつなぐアイテムを紹介しておきます

命をつなぐおすすめのアイテムは、クレジットカードです。

おすすめの理由はもしもの時のキャッシュ機能があるからで、クレカにフリーランス生命を救われた人も少なくないはず。

例えば、「月か再来月に報酬が入るけど、既に今月の生活費・支払い分のお金がない」といった際にクレカがあれば、今月を乗り切ることができます。

楽天カードを例に挙げると、20万円借りても翌月に返済すれば利息は3,000円程度です。

もちろん、ただ3,000円取られるのは良いことではありませんが、「フリーランスとして頑張っていく!」と心に決めている人からすれば、3,000円でフリーランス生命が繋がるって安いと思います。

闇金とかにお金を借りるのはNGですが、大手クレジットカード会社が提供するサービスであれば大丈夫です。

もちろん使わないで済むに越したことはありませんが、もしも時のためクレカは絶対複数枚持っておくべきです。

もしもの時に使えるクレジットカードを複数枚持っていない方は、準備しておきましょう。

速攻で稼げないフリーランスを卒業しよう

すいません。余談から戻りました。

現状の「フリーランスで稼げない状況」を抜け出したい方は今回の5つの方法を即実行してみてください。
一度就職してカムバックは最終手段なので、まず行う方法は4つですね。

この記事を読み終わったら、即行うべき4つの行動

良きフリーランスライフをどうぞ。