フリーランスの銀行口座は使い分けがおすすめだけど僕は分けてない

はじめまして、タクヤ(@takuya_tweet)です。

会社員からフリーランスになって2年目でして、確定申告も経験しました。

過去の僕が持っていた疑問は以下のとおりです。

  • フリーランスはプライベート用と銀行口座を分けた方が良いの?
  • フリーランスにおすすめの銀行口座はどこ?
  • フリーランスの銀行口座の名義は屋号にした方が良いの?

先に結論を言っておくと、僕はフリーランス用とプライベート用の銀行口座は用意しておらず、高校卒業時に作った地元銀行の口座で併用しています。

フリーランスが銀行口座を分けるメリットはそれなりにあるのですが、実際はどうでも良いといった感じです。

「これからフリーランスになる」「かけだしのフリーランスだ」という方の参考になれば良いなと思います。

フリーランスが銀行口座を分けるのがおすすめな理由

フリーランスが銀行口座を分けるメリットは次のとおりです。

  • 屋号名義の口座が持てる
  • 生活費と口座を分けられる
  • 財務状況が分かりやすい

1つずつ解説していきます。

屋号名義の銀行口座が持てる

フリーランスとして開業届を提出する際、屋号を記入しておくと、屋号名義の銀行口座を持てます。
会社だと、「株式会社〇〇」名義の口座を使っていますよね。
それの個人事業主版です。

屋号名義の口座だと信用されやすい

見積書に記載する振込先の口座名義が屋号だと、信用がアップするみたいな話がありますが、そんなわけないと思います。

取引先相手はあなたのことをフリーランスだと認識しているので、口座の名義が屋号でも本名でも同じですよね。

仮に、口座名義を屋号にすることで、法人だと勘違いさせることで信用アップを狙うなら、普通に止めた方が良いです。
騙そうとしているだけだし、普通に誰も騙されないです。笑

実体験として、振込口座が屋号か個人名かで信用が変わるなんてことはないですよ。

なので、銀行口座は屋号でも個人名でもどちらでもOKです。
僕は普通に個人名義の口座を使っています。

生活費と口座を分けられる

「フリーランスの事業用口座」と「プライベート用の口座」に分ければ、事業の経費と生活費が混ざらなくなります。

確定申告時にフリーランス事業に使ったお金だけ経費に入れることが可能なので、分けておくと後々経理が楽そうですよね。

また会計ソフトを使っている人は、口座をソフトに登録することで自動で入力されたりします。

結局、分けきれないかも

事業のお金と生活費を分けれるのはメリットですが、実際は分けきるのは難しいです。
理由は、事業でも使うし生活でも使う費用が存在するから。

僕は在宅で仕事をしているのですが、自宅は仕事場でもあり、生活の場でもありますよね。
なので、自宅の家賃は「事業の経費」でもあり「生活費」でもあります。

ですが、分けて払うわけにもいかないので、どちらかの口座からお金を払い、確定申告時に割合で分ける必要があります。

ネット回線やスマホ等も同じで、完全に仕事用と生活用で使い分けれる人以外はメリットが少ないかもです。
事務所を借りて、仕事用のスマホを用意して、Wifiも別で契約して、など全て事業専用で用意しているフリーランスだと既に法人化している気もします。

財務状況が分かりやすい

フリーランス専用の口座を使っていれば、通帳を見れば現在の売上を把握しやすいです。
生活費でも同じ口座を使っていれば、事業には関係ないお金が引かれたりしてしまいますからね。

僕は別で売上管理している

といっても、口座を確認して売上等の確認をしているフリーランスは少ないと思います。
普通に売上は台帳みたいなものを作って管理すべきなので、そっちを見た方が確実ですよね。
エクセルやスプレッドシートにまとめるだけでもOKなので、売上台帳のようなものに記入しましょう。

分けないとどうなるのか?

銀行口座を分けなくても特に問題はありません。
実際に僕は分けていないので実体験です。

強いて言えば、経理でミスしやすいかも

銀行口座を分ければ、確定申告時に入力ミスをする確率は減るかもです。

僕はWEB制作がメインのフリーランスなので、毎日振り込みがあったりするわけでなく、お金の移動回数が多くはないので問題なし。
ですが、毎日口座に変動があるような業種だと口座を分けた方がミスしにくくなる可能性はあります。

別に通帳見れば分かるなという方は、専用口座を作りたければ作る、面倒なら作らなくてOKといった感じです。

フリーランスにおすすめの銀行口座は楽天銀行

ここから、フリーランスにおすすめの銀行口座を紹介します。
僕がおすすめするのは楽天銀行です。

実際はどれでも良い

楽天銀行をおすすめしましたが、実際はどれでも良いです。
近所の地方銀行でも良いし、ネットバンクでもOK。

銀行によって「手数料がなんちゃら」とか細かい違いはあるかもですが、有名どころを使っておけばSBIでもどこでも大差ないはずです。

最初にも言いましたが、僕は高校卒業時に作った地方銀行の口座を使っていますしね。

僕が作るなら楽天銀行を選ぶ

僕は口座を分けずにフリーランスをやってきて、デメリットを感じたことはないですが、口座はもう一つくらい欲しいなと思っているので、そのうち作るかもです。

その際は、楽天銀行を利用しようかなと思っています。

理由は楽天カードを使っているから

クレジットカードで楽天を使っているから、口座も楽天にしようかなといった感じです。
別にSBI銀行×楽天カードでも全く問題なしだと思いますが、楽天で揃えようかなといった適当な理由。

フリーランスがおすすめの銀行口座で迷うのは時間の無駄

フリーランス用の銀行口座を開設しようか検討している方は、かけだしフリーランスか、これからフリーランスになる方だと思います。
その場合、銀行口座で迷わなくてOKです。

かけだしフリーランスやフリーランス準備中の方には、もっとやるべきことがたくさんあり、そっちに時間を使った方が良いです。

「おすすめの銀行口座はどこか」「屋号名義にすべきか」なんて迷うより、かけだしフリーランスとして稼ぐ行動を頑張った方が有益だと思います。
それくらい、銀行口座はなんでも良いです。

サッと口座開設を済ませて、フリーランスを始めるのがおすすめ

なので、新しく口座を作る人は即作って、仕事に時間を使いましょう。

>>楽天銀行

今回は以上です。
フリーランスにとって重要なのは口座の「名義が○○」といったことより、稼げる能力やスキルです。
実際どうでも良い系のことは、フリーランスとしてある程度稼げるようになったあと、まとめて好きにしても良いと思います。

形から入るタイプの人は、あまり時間を掛けずサッと完了させてやる気アップを狙いましょう。