フリーランスになりたてでも賃貸は借りられます【でも審査は不利】

はじめまして、タクヤ(@takuya_tweet)です。

僕はフリーランス2年目であり、1年目の時に賃貸を借りました。

フリーランスなりたての時期は、社会人と違い社会的信用が低く、賃貸の審査が通らないのではないか?と不安に思っていました。

そこで今回は、フリーランスなりたてでも賃貸は問題なく借りられるのか?解説してきます。

フリーランスなりたてでも賃貸契約は可能

結論として、フリーランスなりたてでも賃貸を借りることは可能です。
実際に僕が借りれたので当然ですね。

あと、下記のようなチート条件はありません。

  • 貯金が莫大
  • 有名人である
  • 不動産屋さんへのコネ
  • 実家がお金持ち

何の変哲もない「The・フリーランスなりたて」といった感じです。
はたから見ると、ニートが「フリーランスとして稼いでいます!」と嘘をつけば、見分けがつかないですね。

問題なく契約できたが、審査は通りにくい

事実として、フリーランスなりたては、会社員に比べ審査が通りにくいです。
実際、不動産屋さんに聞いたところ、物件によっては通らない場合もあるようでした。

僕も実際、「もしかしたら審査が通らないかもしれないけど」という感じ。
僕が会社員だったら、「もしかしたら通らないかも」なんて前置きは不要ですよね。

審査が通りにくい理由

フリーランスなりたての状態が、審査に通りにくい理由は以下のとおりです。

  • 収入の証明ができない
  • 収入が不安定
  • 働き方への理解が行き届いていない

収入の証明ができない

収入の証明には基本的に、正式な書類に書かれた前年の収入が必要です。
国に収入を確定申告して、税金をしっかり払った証拠ですね。

仮に前年は会社員でも、現在は新米フリーランスなので、フリーランスの収入を証明する書類は存在しません。

大家さんや管理会社によっては、簡易的で証明で済ませてくれる可能性もなくはないですが、基本的には難しいです。

収入が不安定

賃貸契約に審査がある1番の理由は、「家賃を毎月しっかり払ってくれるか」です。

  • 会社員:毎月給料があるから払ってくれるはず
  • フリーランス:決まった額はないから払ってくれるか不安

もちろん、会社員でも家賃を滞納する人はいるし、毎月決まった額が入るフリーランスもいますが、あくまで全体的な話です。

会社員であれば、仮に収入が低くても毎月定額の給料があるので審査は通りやすい。

働き方への理解が行き届いていない

フリーランスの働き方は割と新しめの働き方です。
まだ社会的に広がり始めの段階で、聞いたことあるな程度の人もいます。

知らない・よく分からないことは、面倒なので拒絶というパターンになりやすいです。

大家さんも人それぞれなので、フリーランスに容認的な人もいれば、できれば会社員の方がいいなという人もいます。

特に人気のある物件であれば、借りたい人はたくさんいるので、わざわざ信用が低めの人に貸すメリットはないですよね。

フリーランスなりたて以降、賃貸の審査が通りやすくなる方法

ここからは、実際にフリーランスが賃貸の審査を通過しやすくなる方法を解説していきます。

複数候補を用意する

最もおすすめな方法です。
複数の候補を用意すれば、フリーランスなりたてであっても賃貸を借りられるはずです。

審査は通りにくいけど、今は別に通る

フリーランスは賃貸の審査が通りにくいと言ってきましたが、僕が実際借りられたように、問題ない物件はたくさんあります。

「絶対この物件が良い!」と決め打ちすると審査が通らなかった時、ダメージが大きいです。
なので、「この5つの物件が良いな」と言う感じで、複数お気に入り物件を見つけましょう。

全部審査落ちすることはそうそうないので、スムーズに引っ越しができるはずです。

今後、フリーランスの信用は増していく

現在はまだ、フリーランスの信用は高くありませんが、今後信用は上がっていきます。

現に、10年前よりも現在の方がフリーランスとしての働き方が一般的になってきており、審査は通りやすくなっています。
道を切り開いてくれた先人たちに感謝ですね。

今後も社会の流れとして、フリーランス人口は増えていくので相対的に信用は上がるはず。

収入の証明を待つ

どうしても住みたい物件がある場合、フリーランスとしての収入の証明が出ることを待つのもありです。

フリーランス2年目になれば、確定申告をするし、収入証明も出せます。

かなり稼ぐ

もう会社員より信用が低いとか、そんな事どうでもいいくらい稼げれば、良さげな物件には確実に住めますよね。
パワープレーです。力業。

高級な家に住んでやる!という心意気で努力するのも向いている人であれば良いと思います。

法人化する

フリーランスよりも、法人化した方が社会的信用は上がります。
個人から法人になるので当然です。

とは言っても、年間の利益が1,000万円~1,500万円くらいを超えなければ、法人化すると税金を多く払うことになります。
「賃貸の審査が通りにくいから」という理由でやることではないですね。

今回は以上です。

フリーランスなりたてでも、審査が通る賃貸はたくさんあるので、気に入った複数の物件候補を探してみてください。
フリーランスとして収入が上がってきたら、さらに良い賃貸を探すとかがおすすめです。

>>フリーランスの月収いくらなの?【安定して稼ぐ方法と手取りも解説】
>>フリーランスとして月20万円稼ぐ方法【効率アップと月30万も解説】

カテゴリー