フリーランスがスケジュール管理で失敗しない方法【自由を活かす】

はじめまして、タクヤ(@takuya_tweet)です。

ノマドワーカー、在宅フリーランスになって2年目になります。

以前は会社員として働いており、朝はどんなに眠くてもデッドライン(6:45くらい)には立ち上がり、無意識のまま準備をして通勤していました。
朝だけでなく、仕事のタスク管理なんかも、会社員だと大半の人は問題なくこなせますよね。

ですが、フリーランスになると良い意味でも悪い意味でも自由になってしまい、スケジュール管理がグチャグチャになりがちです。

今回は、フリーランスがスケジュール管理をして生産性を上げる方法を解説します。

フリーランスがスケジュール管理で失敗しない方法

フリーランスがスケジュール管理で失敗しやすい理由は以下のとおり。

  • 決まった時間がない、自由
  • 一人なので、監視されない
  • 仕事もプライベートも自宅

フリーランスのスケジュール管理は、完全に自己管理だし、メリハリも付けにくいので崩れやすいですね。

僕も夜更かしして昼に起きるとか割とよくあります。
遅く起きたから、夜遅くまで仕事するかーとなり、悪循環です。

重要なのは作業量

いきなり話の腰を折るようですが、スケジュール管理なんて考えなくOKです。
フリーランスにとって重要なのは作業量であり、どんなタイミングでやっても問題なし。

  • 会社員:社員が一斉に働くことで、連携がとれる
  • フリーランス:一人で仕事を進める

上記のようにフリーランスがスケジュール管理にこだわるメリットはあまりないですね。

仮にパツパツのスケジュール管理が必要なくらい忙しい人は、仕事量を減らすか、マネージャーを雇いましょう。

活動可能時間は同じ

朝7時に起きても、昼12時に起きても、起きている時間量は同じはずです。
睡眠時間が8時間なら、「24時間-8時間」で起きている時間は16時間になります。

その16時間のうちにフリーランスとして最大限働けばOKです。
スケジュール管理にこだわって浪費する時間があるなら、仕事した方が良いなって考え方ですね。

最初に1番重要な仕事をする

活動時間の中で、仕事を進められなくては意味がありません。
なので、優先度の高い仕事からスタートするのがおすすめです。

  • 納期が近い
  • 報酬が高い
  • お得意さんのクライアント
  • 楽しい仕事
  • 嫌で早く終わらせたい仕事
  • 簡単な仕事
  • 難しい仕事

上記のように、優先度の決め方は自由です。

僕の場合の決め方

僕は現在、自分の作業を3つに分け、朝起きてから優先度の高い順にこなしていきます。

  • 優先度1:ブログ記事作成
  • 優先度2:YouTube動画作成
  • 優先度3:勉強などスキルアップ

朝起きると、「優先度1:ブログ記事作成」を始め終わるまでやり続けます。
ブログ作業が終わり次第、「優先度2:YouTube動画作成」を始め、これも終わるまでやり続けます。
YouTubeが終わったら、「優先度3:勉強などスキルアップ」をして1日終了といった感じです。

もしブログの執筆に1日かかったら、YouTubeと勉強はやりません。
ブログ・YouTubeで1日が終わってしまったら、勉強はなしです。

優先度の高い仕事から始めると、優先度が一番高い仕事は絶対に取り組めます。

1日で終わらない作業の場合は、「ここからここまで」と自分で区切りを作りましょう。

最近だと、自然に作業の時間帯が固定されてきていて、勝手にスケジュール管理された感じですね。

  • 午前:起床後、ブログ執筆、昼頃終わる
  • 昼:休憩がてら昼食
  • 午後:YouTube撮影、編集
  • 夕方:休憩がてら夕食
  • 夜:ゆるく勉強、気分次第で明日書くブログの構成を考える

ガチガチに決め込んだスケジュール管理よりも、ゆるいスケジュール管理内で1つずつ作業する方が続けやすいかなと思います。

過去の僕は脳筋スケジュールでした

「WEB制作案件をたくさん受けて、たくさん稼ごう」というテーマだった時のスケジュールはこちら。

  • 起きたらまず、1時間くらいメール等で営業
  • 寝るまでWEB制作案件をこなす
  • 仕事が終わり、手が空いたら休みつつ営業
  • 仕事が入ったら、終わるまで作業

当時は自分の最高月収を更新するのが嬉しい・楽しいというモチベーションでやっていました。
これはこれで別に悪くはないです。

現在は色々なことに取り組みたいので脳筋スケジュールは嫌ですが、特に駆け出しフリーランスとかだと稼げる方法かなと思います。

最初からきっちりスケジュール管理して安定的に稼げるなんて、エリート過ぎますしね。スタートは脳筋くらいが丁度いいかも。

フリーランスのスケジュール管理で役立つアイテム

ここから、フリーランスのスケジュール管理に役立つアイテムを紹介します。
仕事をする時間を確保できても、いざ作業できなければ意味がないです。

パソコンに向かっていても、バラエティとか見てしまう可能性もあるので、サポートアイテムに助けてもらいましょう。

SNS

Twitterなど、SNSはスケジュール管理・タスク管理にかなり使えます。
具体的におすすめの使用法は、作業を終えた後、「完了しました。」と報告ツイートすること。

毎日・毎回、作業完了報告していれば、「仕事をしない=ツイートしない=サボっている」という罪悪感が生まれますね。

また、フォロワーにサボったことがバレバレなので、会社員のような監視的強制力もあります。

他にも「作業した!」みたいなツイートをしている人がいると思うので、自分も頑張るか…とモチベーションをおすそ分けして貰うことも可能ですね。

作業した後にツイートするのがおすすめ

作業する前にSNSを開いてしまうと、ついつい気になるツイートやニュースがあったり、面白そうな動画に出会ってしまうかもしれません。
せっかく仕事しようと思ったのに、作業に入りづらくなりますよね。

なので、SNSを開くのは作業が終わった後にするのがおすすめです。

アプリ

スケジュール管理・タスク管理に便利なアプリがありますが、最初から入っているメモアプリやアラームでも十分です。

例えば、勝手に休憩しないように、1時間に一回アラームを鳴らし10分休憩する。学校のチャイムみたいな使い方ですね。

明日こなしたい作業をメモアプリに一覧で書いておく、などシンプルな使い方でOKです。

あまり複雑に細かくアプリに入れると、「そもそもアプリに打ち込んでいる時間が長くなる」「細かく決め過ぎて疲れる」といったことにもなりかねません。

コワーキングスペース

コワーキングスペースに行って仕事をするのもおすすめです。アイテムかというと微妙ですね。

コワーキングスペースに行けば、テレビや漫画の誘惑はなく、仕事に集中できます。
会社員の出社と同じで、コワーキングスペースにわざわざ行く行動が、オンとオフの切り替えにもなりますよね。

コワーキングスペースには自分以外にも仕事をしているフリーランスがいると思うので、自分も働こうと思いやすいです。

楽しむ心、ワクワクする気持ち

フリーランスの仕事が「楽しい・もっとやりたい」というテンションであれば、スケジュール管理をしなくても自然に働けるはずです。
学校の日は朝寝坊の小学生も、夏休みは毎日早起きして遊ぶみたいな感じです。

「もっとやりたい」「楽しい」という仕事ができれば、毎日生産性の高い仕事をしていけるかなと思います。

今回は以上です。

仕事・作業の優先順位を決めて、優先順位の高い順に仕事をこなしてみてください。
僕もしっかり毎日仕事をこなしていきます。

カテゴリー