【保存版】未経験からフリーランスになる超具体的な方法

マイニングは儲かるので高級なお寿司が毎月食べられる件【不労所得】

ようこそ、タクヤフリーランスへ。

本記事では「マイニングは儲かるのか?」といった疑問に答えつつ、「毎月高級なお寿司を食べる方法」を具体的に解説しています。

この記事を読めば、マイニングで儲かる未来が現実味を帯びるはずです。

ちなみに、お寿司じゃなくて焼肉でもOKです。僕はお寿司にあまり魅力を感じないので焼肉流星群を観測します。

この記事の内容

  • マイニングは儲かるので高級なお寿司が毎月食べられる件
  • マイニングが儲かる具体的な例【丸パクリするだけでOK】
  • マイニングで儲かる仕組みを作れば人生が豊かになる

それでは参ります。

マイニングは儲かるので高級なお寿司が毎月食べられる件

改めてもう一度言うと、マイニングは儲かります。

マイニングが儲かる理由

マイニングは、仮想通貨の取引をする際に必要な承認の作業を自分のパソコンの処理能力を提供して手伝い報酬を貰うことです。

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

>>マイニングとは?わかりやすく解説します【朗報:楽にお金が稼げます】

自分のパソコンがバイトに行って、自動でバイト代を稼いできてくれると考えておけば相違ありません。

このバイト代は仮想通貨で支払われる

パソコンが自動で稼いで来てくれるバイト代(マイニングの報酬)は仮想通貨で支払われます。

近年、この仮想通貨の相場がかなり高いことがマイニングが儲かる理由です。

例えば、バイト代として「銅1kg」を貰うより「黄金1kg」を貰った方が儲かるし、「100円」を貰うより「100ドル」を貰う方が儲かると言えますよね。

昔は仮想通貨の価値が低かったので儲からなかった

マイニングがまだ儲かる時代ではない頃だと、マイニング報酬(パソコンのバイト代)として貰う仮想通貨の価値が低かったのでマイニングは儲かりませんでした。

  • 1BTC=100円:20BTC貰うと2,000円儲かる
  • 1BTC=100万円:20BTC貰うと2,000万円儲かる

同じ量でも大きな差ですよね。
ちなみにBTCとはビットコインの略です。

マイニング報酬で受け取った仮想通貨は日本円など(法定通貨)に換金するので、日本円換算での仮想通貨の価値が高ければ高いほど儲かる仕組みになっています。

ちなみに2021年5月頃だと、仮想通貨トップのビットコインが「1BTC=600万円くらい」なので、マイニングはかなり儲かる時代です。

マイニングは月数万円の不労所得になる

タクヤフリーランスのマイニング記事では何度も言っているのですが、マイニングで得る利益は不労所得です。

仮想通貨を受け取る口座を作って、パソコンにマイニングソフトをインストールして、スタートボタンを押すだけで、パソコンが勝手にマイニング報酬を稼いで来てくれます。

パソコンを放っておくだけで儲かるって良いですよね

皆さんが仕事中でもパソコンがマイニングをしてくれていれば、二重で儲かる(仕事の給料とマイニング報酬)時間になります。

皆さんが寝ている時にマイニングしておけば、寝ながら儲かるシステムです。
寝てても儲かるって億万長者気分ですよね。

毎月数万円の副収入があれば生活に余裕が生まれる

マイニングをすると、毎月数万円ほど儲かるはずです。

ガチガチに設備投資してビジネス・事業として覚悟決めマイニングをする、とかだと月数十万円とか儲かる可能性もあるのですが、そこまでする人は少数のはず。

多くの人はゆるく気軽にマイニングライフ希望だと思います。
ゆるく楽しみつつ儲けるマイニングだと月数万円の不労所得が現実的です。

毎月高級なお寿司が食べられる

マイニングをすることで仮に毎月3万円の不労所得が得られれば、月1回は高めのお寿司を食べにいけますよね。

仮に毎月5万円だともっと高級なお寿司を食べられるし、毎月1万円でも美味しいお寿司を食べられます。

当然ですが、別に1回でお金を使いきらず、コスパが高く美味しいお寿司を毎週食べに行ってもOKです。

お寿司じゃなくて焼肉でもいいし、好きな服を買ったり、誰かにプレゼントを買ってみたり、貯金や投資、生活費の足しにするのも自由です。

不労所得であることが生活に余裕を生む

マイニングは不労所得でありパソコンを放っておくだけなので、今の生活スタイルが基本的に変わりません。

普通にいつも通り仕事に行って、休日は休んでと、今までと何ら変わらない1ヵ月を送っているのに、なぜか使えるお金だけ数万円増えているという状態になります。

これが仮に、休日や終業後に+αで働いて稼いだ数万円とかだと話は変わり、生活に「余裕」は生まれませんよね。

これが「マイニングは儲かる」という真意というか裏の意味というか、生活を豊かにできるポイントです。

マイニングが儲かる具体的な例【丸パクリするだけでOK】

マイニングが儲かると知って、今からマイニングを始めたいと思った方の例を挙げてみます。

手順①:まずはパソコンを用意

マイニングに使用するパソコンはグラボ(グラフィックボード)と呼ばれるパーツの性能が高いものがおすすめです。

グラボの性能が高ければ高いほど、より沢山のマイニング報酬を受け取ることが可能になります。

>>マイニングとはグラボで副収入を得る錬金術です【役割や選び方も解説】

悲報:グラボは品切れ中&価格高騰中

マイニングは儲かるのでマイニングブームが起こっています。

その影響で、マイニング効率の良いグラボはほぼ品切れしていて、仮に売っていてもかなり高いです。

これはマイニングをやると儲かるという裏付けにもなるのですが、グラボが買えないのは悲しいですね。

解決策:BTOパソコンを買う

パソコンメーカーが販売しているBTOパソコン(ある程度自由に構成をカスタマイズできるPC)であれば、グラボ搭載のパソコンが比較的安く買えます。

「自分で自作パソコンを作ったことがない方」や「別に作りたくはない方」であれば、仮にグラボが単体で売っていても意味がないので、どちらにしろ既製品を買う選択になりますね。

基本的にグラボが搭載されているゲーミングPCを買うことになるので、グラボ以外のパーツもマイニングにはオーバースペックとなるのですが、グラボ枯渇の状態では仕方ない&別の使い方もできるので容認しましょう。

ちなみにこちらがおすすめです

GeForce RTX 3060という高性能&新しいグラボを搭載している割に税込128,678円~なので割と安いと思います。
当然マイニング用途だけでなくパソコンとしても高性能です。ゲームとかもサクサクですね。

自分でパソコンを選べる方やコスパが高そうな中古パソコンを選べる方は自分で探してもOKです。

また、ゲーミングPCを既に持っている方やグラボ搭載のパソコンを持っている方はそちらを使いましょう。初期投資しないで済むならその方が良いです。

手順②:仮想通貨の口座とマイニングソフトを無料でGETしてマイニング開始

マイニングに使うパソコンを用意した後は、「マイニング報酬を受け取るための口座」を開設して、「マイニングソフト」をパソコンにインストールするだけです。

簡単ですね。

ちなみに報酬を受け取る口座のに普通の銀行口座は使えません。

マイニングの報酬は仮想通貨なので、「Coincheck等の仮想通貨専用口座で仮想通貨をビットコインを受け取る」→「Coincheckから普通の銀行口座に入金する」という流れです。

マイニングを始める手順はこちらで1つ1つ詳しく解説しています。

>>仮想通貨マイニングのやり方を超丁寧に解説【ビットコインの稼ぎ方】

別に難しいことはなく、1手順1手順こなしていけば、快調にマイニングで自動的に儲かる不労所得ライフが始まるはずです。

マイニングはどれくらい儲かるのか?

先ほど紹介したパソコン工房のミニタワーゲーミングPCでマイニングをするとどれくらい儲かるのか紹介します。

NiceHash(ナイスハッシュ)というサイトで受け取れるマイニング報酬を見ることができます。

同じグラボでマイニングをしている人が世界中に沢山いるので、そのデータを使って事前に報酬をチェックできるわけです。

GeForce RTX 3060搭載のゲーミングPCの場合

上記のパソコンの場合、受け取れるマイニング報酬は1日430.65円でした。
1ヵ月だと13350.15円です。

といっても、マイニングにはパソコンの電気代がかかるので電気代を差し引きます。

ナイスハッシュでは、マイニング時にかかる電気代も差し引くことが可能です。

日本の電気代相場を加味して、「1kWH=25円」とすると、1日363.13円の利益になります。
一か月だと11257.03円です。

毎月1.1万円の不労所得となります。

ちなみに、RTX 3060はマイニング制限がかかっているグラボですが、イーサリアムという仮想通貨のマイニングに制限がかかっているだけなので問題なしです。

マイニングの報酬は日々変動する

上で紹介したマイニング報酬は、2021年4月27日時点(試算した時間だと1BTC=580万円くらい)のものです。

マイニングの報酬は、マイニングをしている人の人数(正確にはパソコンの処理力量)や仮想通貨の相場、取引量なんかで変動します。

同じパソコンでもマイニングで得られる不労所得の金額はもっと上がるかもしれないし、下がるかもしれないということは覚えておきましょう。

初期費用をかけた場合、元を取る必要はある

さっきのパソコンを最初に買ったとすると、税込みで128,678円、マイニングを始めるのに約13万円の初期投資をしています。

単純計算だと、マイニングの利益は毎月1.1万円なので、13万円の元を取るのに12か月くらいかかりますね。

12か月後から毎月1万円の不労所得なのですが、ちょっと先が長すぎて「儲かる感」は少ないかもです。

解決:ゲーミングPCは売れる

今回の初期投資はゲーミングPCなので、結構高値で売れるはずです。
要するに価値があります。

仮にマイニングがオワコンになっても、ゲーミングPCとして売れば費用を回収できます。
マイニングをしているのでグラボが消耗していることを考えても、少なくとも半値以上では売れるはず。

となると、手元にいつでも売れる資産があるので、数か月で初期費用の分は回収可能なので安心です。

また、初期費用が沢山かけられる人であれば、パソコンを複数台用意してもいいかもです。(※1台のパソコンに複数のグラボを付ける方が効率は良いです。あくまでわかりやすい例)

仮に3台用意すれば、初期費用改修後から毎月3.3万円の不労所得になります。
5台なら5.5万円、仮想通貨の価値が上がったり、マイニングで得られる報酬が上がればさらに利益は上昇していきます。

ゆめのはじまりんりんというわけです。

マイニングで儲かる仕組みを作れば人生が豊かになる

この記事の内容をまとめると次のとおり

  • マイニングは毎月美味しいお寿司が食べれるくらい儲かる
  • 儲かる理由は仮想通貨の価値が上がっており人気だから
  • マイニングはパソコンを放っておくだけで儲かる
  • マイニングで不労所得を得れば、生活に余裕が生まれる
  • マイニングで儲かるには、パソコンと仮想通貨の口座、マイニングソフトを準備するだけ
  • 初期投資をした場合でも、パソコンを売れるので大きなリスクなく不労所得を得られる

上記のとおりです。

生活に余裕を生むのは意外と難しい話

多くの人は一日の時間枠が大体埋まっています。

日中は仕事をして、夜は休んだり、友人と会ったり、テレビを見たり、ゲームをしたり、何かしらのことをして時間を埋めていますよね。

普段の収入とは別で収入を得て、財布に余裕を持たせようなんて考えると、休む時間を削ったり、1日の時間枠を削らなければいけません。

よく「テレビを見る時間は無駄だから、テレビを捨てて勉強をすべき」とか意見がありますよね。

マイニングなら時間枠を使わず生活に余裕を生める

何度も言いますが、マイニングの収入は不労所得です。
既に今の生活スタイルで埋まっている時間枠を使うことなく、別の時間軸で収入を得られるわけです。

要するに、働き手が2人に増えるイメージ。

会社員Aさんの場合

  • Aさん(月収20万円):昼間は働いて、夜は休んだり遊んだり
  • AさんのPC(月収3万円):昼間も夜もマイニングで働き続ける

大げさに言うと、Aさんは1日48時間分の時間を一人で使えるわけです。

会社員Bさんの場合

  • Bさん(月収20万円+3万円):昼間は働いて、夜は副業
  • BさんのPC(月収0円):シーーン

Bさんは当たり前ですが1日24時間を生きています。

収入は同じでも、Aさんの方が生活に余裕がありますよね。

僕はフリーランスなので、「Bさんは副業でスキルが身に付きそうでいいね!」とも思うのですが、副業を続けた先で何かを目指しているとかでなければ、Aさんの生活の方がおすすめです。

マイニングは儲かる、不労所得で毎月美味しいお寿司が食べられるという話でした。
簡単に生活が豊かになるならいいかな?と思った方はマイニングをやってみましょう。

仮想通貨マイニングのやり方を超丁寧に解説【ビットコインの稼ぎ方】