【保存版】未経験からフリーランスになる超具体的な方法

マイニングとは?わかりやすく解説します【朗報:楽にお金が稼げます】

タクヤフリーランスへようこそ。

本記事では、「マイニングとは何なのか?」わかりやすく解説しています。

この記事を読めば、マイニングとはどういうものかわかり、さらにお金を稼ぐ・利益を得るチャンスを掴めます。
わかりやすく言うと、仮想通貨マイニングで不労所得・自動収入をゲットできます。という話です。

仮想通貨をマイニングして楽に稼ぐ。いいですよね。それではいきましょう。

この記事の内容

  • マイニングとは?わかりやすく解説します
  • マイニングとはわかりやすく言うと「不労所得マシン」
  • マイニングで仮想通貨を支えつつお金を稼ごう

マイニングとは?わかりやすく解説します

マイニングとは仮想通貨で使われているブロックチェーンという仕組みの承認作業をすることです。

マイニングをすると、ブロックチェーンの承認作業をした報酬として新規発行された仮想通貨を貰えます。

マイニングは日本語で言うと「採掘」

マイニングを日本語に訳すと採掘という意味です。

金(お金ではなくゴールドの方)の採掘になぞられ、仮想通貨を掘ることをマイニングと言います。

  • 金(ゴールド):地球の資源は有限なので金を採掘できる量も決まっており、価値が高い
  • 仮想通貨:発行される量が最初からプログラムで決まっている(例外あり)

上記の共通点です。

日本円などの普通の通貨は、日本政府が発行すればするほど増えるので金(ゴールド)や仮想通貨とは違いますね。

仮想通貨は非中央集権型の通貨

少しだけ話がそれますが、マイニングをわかりやすく紹介するために仮想通貨とは何かについて少しだけ触れます。

仮想通貨は非中央集権型と表現される通貨です。管理している人がいないという意味ですね。

  • 普通の通貨(日本円など):国や政府がお金を管理している【中央集権型】
  • 仮想通貨(ビットコインなど):誰にも管理されておらず、プログラムで動く【非中央集権型】

中央集権型の通貨だと国が管理しているので、例えば国が破綻したり、悪い政府が悪いことをしたりすると紙屑になってしまいます。

あと、国ごとの管理が多いので海外送金とかに高額の手数料がかかったりしますよね。自由度は低い。

対して非中央集権型の仮想通貨は管理者がおらず、世界共通なので自由度は高いです。

仮想通貨はブロックチェーンという技術で支えられている

普通の通貨だと、国や銀行が管理してくれています。
日本だとかなり安心なのですが、銀行が悪いことをしたり、政府が信用ならなかったりする国もありますよね。

そういった場合、ブロックチェーン技術という不正のできないシステムで運営される仮想通貨が活躍します。

そのブロックチェーン技術を支えているのが仮想通貨マイニングの正体です。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンの仕組みを専門家レベルで理解する必要はありません。
なので、わかりやすくシンプルに解説します。

例えば、お金(仮想通貨)を送金する時に、ブロック(箱)とブロック(箱)がチェーン(鎖)で繋がってお金を送ります。

そのチェーンは暗号を解かなければ繋げることができません。
この暗号を解く作業がマイニングです。

さらにわかりやすく単純化した例を紹介します。

婚姻届けを出して結婚する場合(中央集権型)

結婚をする際には役所に婚姻届けを提出しますよね。
これは「中央集権型(日本円など)」と同じです。

  • 結婚したい2人を国が承認することで結婚となる
  • 役所が悪いことをすれば書類の偽造などが可能

国や役所、役所の職員さんの信頼があってこその結婚です。

ブロックチェーンを使った結婚(非中央集権型)

結婚をする際に役所に届け出る必要はなくて、結婚したければ自動でプログラムからナゾナゾが出題されます。

このナゾナゾを第三者の誰かが解いてあげれば、結婚が承認されます。

こんな感じのイメージです。
このナゾナゾを解く作業がマイニングですね。

ナゾナゾを解く(マイニングをする)のは誰でも良くて、一番早くナゾナゾを解いた(結婚を承認した)人には結婚の承認作業をした報酬としてお金(新しく発行された仮想通貨)が貰えます。

実際のブロックチェーンでは、「結婚はお金の取引」で「ナゾナゾはチェーンを繋ぐための暗号」です。

ブロックチェーンは改ざん不可

ブロックチェーンは分散型台帳とも呼ばれていて、マイニング(ブロックとブロックを繋ぐための暗号を解く作業)をしている参加者全員が同じ台帳を持って繋がっています。

誰か一人が台帳をの中身を改ざん(1ビットコインしか送金していないのに100ビットコイン送ったことにしよう等)しても、意味がありません。

例えば、世界中の人が「1+1は2」と知っているし、世界中の教科書にそう書いてあるのに、自分の教科書だけ「1+1は8」と書き換えても、無駄ですよね。

改ざんできたとしても割に合わない

仮に世界中の台帳を改ざんしようとすると、世界中のマイニングで行われている処理量を超える処理量を用意しなければなりません。

世界中のマイニングをしているパソコンより多いパソコンの台数を用意して、世界中のマイニングで使われる電気量以上の電気を使って…といった感じです。

物理的に不可能だし、仮に改ざんができたとしても設備代と電気代の費用というデメリットに比べれば、改ざんするメリットは微量過ぎる感じです。

そもそも、ブロックチェーンの改ざんなんて事件を起こしたら、仮想通貨の価値は大暴落するので、いくら改ざんして仮想通貨を多く手に入れても無価値になるわけです。

手に入れた瞬間ゴミと化して、莫大すぎる設備費用と電気代だけ残ります。

対して、銀行口座に入っているお金とかだと、その銀行がちょいと数字をいじるだけで残高などを改ざんできますよね。

日本の銀行は信用度が高いのでやらないと思いますが。

マイニングはパソコンがあれば誰でもできる

マイニングはパソコンがあれば誰でもできます。

マイニングとは「仮想通貨などの取引の承認作業(暗号を解く)をして報酬を貰うこと」と紹介しましたが、人間が自分で暗号を解くわけではなく、パソコンが自動でやってくれます。

パソコンをマイニングに参加させておくだけで、勝手にパソコンが暗号を解いてくれていて、マイニング報酬を受け取れるわけです。

人間には資格も必要ないし、東大卒であろうが、3歳児であろうが同じです。働くのはパソコン。

マイニングのやり方については、こちら「仮想通貨マイニングのやり方を超丁寧に解説【ビットコインの稼ぎ方】」で解説しています。割と簡単です。

マイニングとはわかりやすく言えば「不労所得マシン」

マイニングとはどういうものか解説してきましたが、正直言って理解してなくて全く問題なしです。

皆さん興味があるのは「マイニングでお金が稼げる」というポイントですよね。僕もそういう話題好きです。

なので、難しいことは放っておいて「パソコンをマイニングに参加させると報酬が貰える」と認識しておけばOK。

わかりやすく言うと、マイニングは不労所得を生みます。

マイニングで不労所得を得るイメージ

  • パソコンを用意
  • マイニングを始める
  • 自動でパソコンが暗号を解いて報酬を稼いでくる
  • お金を受け取る

上記のシンプル構造です。
マイニングの圧倒的なメリットは、自分は何もしなくて良いことですね。

皆さんが仕事をしている時も、遊んでいる時も、寝ている時も、落ち込んでいる時も勝手に稼ぎ続けてくれます。

パソコンは普通のパソコンでOK

マイニングには3種類の方法があります。

  • ソロマイニング:1人でマイニングする
  • プールマイニング:チームでマイニングする
  • クラウドマイニング:マイニングをしている企業に投資する

各仮想通貨には「コンセンサスアルゴリズム」というマイニングの報酬を受け取る人を決めるルールが存在します。

例えば、「一番早く暗号を解いた人」とか「コインを沢山持っている人を優先」、「コインを持っている人たちの代表者を優先」「コインで沢山取引している人を優先」といった感じです。

「一番早く暗号を解いた人」だと超高スペックのパソコンを持っている人には勝てないですよね。
「コインをたくさん持っている人」だとお金持ちの人が報酬を総取りしてしまします。

ソロマイニングは無理ゲー

昔はソロマイニングで奇跡的に1番早く暗号を解けて一攫千金とかもあったのですが、今はマイニングをする人や企業が増えて一般家庭のパソコンで1番早く暗号を解いて報酬を独り占めなんて無理です。

ソロマイニングをやってもいいのですが、永遠に報酬を受け取れないと思います。

プールマイニング一択

現在のマイニングは実質プールマイニング一択です。

プールマイニングとは、単体では資産家や超ハイスペックマイニングマシンには勝てないけど、皆のパワーを集約してマイニングすれば稼げるよね!というマイニング方法です。

自分のパソコンが貢献した分だけ報酬が貰えるので安心かつ確定でマイニング報酬が貰えます。

  • ソロマイニング:1位で暗号を解かないと無報酬
  • プールマイニング:貢献した分だけ絶対に報酬が貰える

知り合いで集まってチームを組んで…とかは不要です。というかそれではソロマイニングと買わないレベルなので無理ゲー。

NiceHash(ナイスハッシュ)と呼ばれるマイニングサービスを使えば、世界中の人と一緒に協力してプールマイニングできます。

ちなみに:クラウドマイニングとは?

クラウドマイニングは、マイニングを事業として行っている企業に投資するマイニング方法です。
マイニングといいつつ、自分ではマイニングしていないので投資の一面が強いですね。

クラウドマイニングは正直、制限が多かったり、詐欺があったり、仮に利益が出ていなくても自分の意志ではマイニングを止められないなどデメリットが多いのでおすすめしません。

覚えておくことはプールマイニング一択であるということです。

マイニングで仮想通貨を支えつつお金を稼ごう

この記事の内容をまとめると次のとおり

  • マイニングとは仮想通貨を採掘すること
  • わかりやすく言うと、仮想通貨の取引を承認してその報酬を貰うこと
  • パソコンがあれば誰でもマイニング可能で、不労所得を得られる
  • マイニングはプールマイニング一択。貢献した分の報酬が貰える
  • 仮想通貨の取引、ブロックチェーンに貢献して不労所得を得よう!

ポイントは誰でもパソコンがあればマイニングに参加できて、不労所得になるという点です。

不労所得といっても、「毎月1,000円稼げる」といった微妙な話ではないですからね。
パソコンでマイニングして放っておくだけで毎月数万円稼ぐことが可能です。

しかも、特別な知識は不要で100歳のおじいちゃんでもハーバード大学卒のエリートでも同じです。

2021年現在もマイニングで稼いでいる人は沢山いる

マイニングブームと呼ばれる2021年ではマイニングで稼いでいる人が実際に山ほどいます。

ガチガチに本気でマイニングをして毎月数十万円のマイニング報酬を得ている人もいれば、ゆるくマイニングを楽しみつつ毎月数万円の副収入を得ている人も多いです。

不労所得・自動収入で月数万円得られるなら、会社員の副業としても結構優秀なはずです。

ブロックチェーン技術、仮想通貨は今後も拡大していく

ブロックチェーン技術や仮想通貨は、新時代というか、新しい革新的なテクノロジーです。
未来のことは誰にもわかりませんが、今後拡大していく可能性が高いと思います。

そんな新しい時代の波に乗ってみることは、不労所得を得ることだけの価値に留まらず、面白い・価値のあることです。

マイニングとはわかりやすく言うと、「新しい時代の波に乗りつつ、ついでにお金も稼げる」一石二鳥の行動であると言えます。

他にも、仮想通貨マイニングに関する記事を書いているので良ければ読んでみてください。