【保存版】未経験からフリーランスになる超具体的な方法

【後悔したくない】人生は20代で決まる!20代でやるべきこと6選

ようこそ、タクヤフリーランス(@takuya_tweet)へ。

僕は現在20代後半の年齢でして、新卒で会社員となり、脱サラをしてフリーランスになって3年目の人間です。

いきなりですが、「人生、後から後悔したくない」と思ったことはないですか?

僕は結構「後悔したくない」と思う性格でして、特に人生は時間を戻すことが不可能なので、「20代でやるべきこと」は済ませてから30代に向かいたいと思っています。

というのも、僕はおそらく「10代でやるべきこと」を全てはクリアせず20代になりました。

皆さんも以下のように感じたことはありませんか?

  • 20代の人生はもっと楽しい、充実していると思っていた
  • 今の人生は高校生の頃に描いていた人生とは全然違う
  • 同じ年代なのにレベル違いの人生を楽しんでいる人がいる
  • 年下なのに自分より優秀そうな人がいる

上記のように感じたことはないですかね?僕は感じたことがあります。

20代で「充実した人生を送っているように見える人」や「成功している人」は10代もしくは20代前半で「10代でやるべきこと」をしっかりとクリアしています。

現実として「やるべきことを済ませて20代に来ている人」は、「やるべきことを済ませていない人間」と見えている世界が違うんですよね。悲しいですけど。

要するに、現在20代の人は「20代でやるべきこと」をクリアして30代に進まなければ、既に豊かな人生を送っている人との差はどんどん開いていくはずです。

そこで今回は、「人生の20代がやるべきこと」を6つに分けて解説していきます。
僕を含め、人生で後悔したくない方はどうぞ。

この記事の内容

  • 人生は20代で決まる!20代でやるべきこと6選
  • 人生において20代でやるべきことには答えはありません
  • 20代で人生を大きく変えよう【小さくでもOK】

人生は20代で決まる!20代でやるべきこと6選

「20代でやるべきこと」をしっかりやるかやらないかでこの先の人生は大きく左右されるはずです。
目を背けたい現実ではありますが、人生は積み上げ式ですからね。

人生を積み上げる例

  • 子供の頃から勉強を続けて有名大学に入り大企業に就職できた
  • 遊ぶ間を惜しんで野球を練習しプロになれた
  • 食事をコントロールし毎日運動してダイエットに成功した

スポーツ選手とかだと、年齢的なタイムリミットがありますが、「仕事で成功したい」とか「幸せで豊かな生活を送りたい」とかであれば20代からスタートしても余裕で間に合うはずです。
この先の人生はまだまだ何十年も続きますからね。

なので、安心して今からスタートさせましょう。

20代でやるべきこと6選

  • 自分の価値観を具体的に書き出す
  • どんな生活や人生を送りたいか具体的にイメージする
  • 現状の自分の人生との相違を見つける
  • 何をどう変えれば理想の生活に近づくか具体的に書き出す
  • 期限付きの計画を立てる
  • 今から実行する

上記の通りです。

「自己投資する」とか「お金の知識を身につける」とかも大切だとは思うのですが、これらは目的を実現するための手段なので、まずは自分の人生の目的的なものを把握しましょう。

自分の価値観を具体的に書き出す

まずは、自分の価値観を具体的に書き出し、自分はどんな人間なのか知りましょう。

理由は単純で、20代ともなればそれぞれ多種多様な価値観を持っているからです。

例えば、「収入は最低限で良いからゆるく生きたい人」と「ゴリゴリ働いて大出世したい人」が描く理想の人生は違います。

小さい子供とかだと、まだ価値観にそこまで出来上がっていないので、「ヒーローになりたい」とか似たり寄ったりかもですね。

僕の場合の例

  • 社会的地位が低くてもOK(企業で出世とかしなくてOK)
  • お金に余裕を持ちたい
  • 時間に自由でありたい
  • ストレスは避けたい
  • 住むのは都会じゃなくてOK
  • 限界集落レベルの田舎には住みたくない
  • 物欲はあまりない
  • 何か夢中になれることに打ち込んでいたい
  • 家族などを周りの人を幸せにしたい

上記の感じです。結構ワガママですね。

フィルターなしで書き殴るべき

価値観を書き出す時は無駄に良い子ぶらず、とりあいず深く考えないで思いつくだけ書きましょう。
どうせ自分しか見ないので、ここで嘘をついても無意味ですからね。

例えば、僕のように「お金にも時間にも余裕を持ちたい、ストレスも避けたい」といった強欲な内容でもまずは書きましょう。
「たくさんの異性と関係を持ちたい」とかでもOKです。
社会のモラル的に微妙でも、無視して問題ないです。犯罪とかは流石にダメですけどね。

どんな生活や人生を送りたいか具体的にイメージする

次に、自分はどんな生活をしていきたいか、どんな人生を歩みたいか具体的にイメージします。

「自分が目指す人生」を具体的にイメージしなければ、自分にとって豊かな人生を送ることは難しいですからね。

  • 目指す人生のイメージなし → 何をすれば良いか謎
  • お金持ちになりたい → お金を稼げば良いのだ

僕が望む人生の例

  • 仕事内容:できるだけストレスを少ない業務
  • お金・給料:頑張った分だけ増える、上限なし
  • 時間:拘束をなくしたい(8時~17時まで会社にいる等)
  • 人間関係:気の合う友人に時間を使いたい、仕事等であっても気の合わない人とはなるべく関わりたくない
  • 家族:家族が困らないよう、時間もお金も使える余裕を持ちたい
  • 趣味:全力で楽しめる趣味を常に持っていたい
  • 場所:転勤などで住む場所を強制されたくない

上記のとおりです。強欲過ぎて「人生をなめるな」と言われそうですが、現状理想なので許してください。

現状の自分の人生との相違を見つける

自分の送りたい生活や人生を具体的にイメージしたら、現状の自分の人生と比べてみます。
相違点を見つけて1つでも理想側に寄せることができれば、自分の人生は良くなりますからね。

会社員だった頃の僕が考えた例を参考に紹介しておきます。

仕事内容:できるだけストレスを少ない業務

会社員だった頃の僕は、出勤するのが嫌でした。
理由は単純で「仕事が暇で退屈」だったんですよね。

人によっては暇で給料をもらえるなんて最高じゃん!と思うかもですが、僕の性格だと毎日大したやることがないのに出勤して人生の時間を浪費するのが苦痛でした。

「暇なら積極的に仕事を探せ!」という意見もありそうですが、特に社内ニートで干されているわけではなく、仕事の担当が縦割り気味というか、他の人が担当の仕事に手を出すのは望まれていないという感じで、待つのも仕事的な感じでした。

なので、暇なときは堂々と遊んで、かつ仕事は自分の裁量でどんどん進められるような仕事が良いなと思った感じです。

お金・給料:頑張った分だけ増える、上限なし

僕は子供の時からお金持ちになりたい思考が割と強めでした。
ぼんやりとお金持ちになりたい気持ちがあるけど、方法は分からないし勉強も何もしないといった雑魚でした。

なので、お金持ちになれないことが確定している自分の会社で働き続けるのは微妙でした。
業務内容にやりがいを感じているわけでも、その会社に愛があるわけでもなかったので、そこで人生を浪費し続けるのは謎です。

僕の物欲はかなり貧弱なのですが、「その気になれば何でも買える状態」や「家族や友人が困ったとき助けられるだけの余裕」が欲しいんですよね。

時間:拘束をなくしたい(8時~17時まで会社にいる等)

皆さんは華金とか土日休みって楽しめていますか?(平日休みの人は休みの日)
当時の僕にとって土日休みは自由なハッピータイムではなく、刑執行を待つ憂鬱な時間でした。

  • 金曜の夜(華金):1週間の仕事を乗り切った若干の解放感
  • 土曜日:明後日にはもう仕事が始まる…嫌だな
  • 日曜日:明日からまた一週間仕事だ…絶望

上記のように、先のことを考えてしまい休みを「独立した楽しみ」として考えられない性格でした。
仕事が終わった後も同じで、終業と同時に始業までの憂鬱なカウントダウンが始めるみたいな感覚です。

なので、「いつ働いても良いし、いつ休んでも良い仕事」が良いなと思いました。

あと、二日酔いなのに無理やり朝起きて出勤するとかも避けたかったです。
会社の半強制的な飲み会で二日酔いなのに、翌日は爽やかな顔で出勤しなければならないとか誰も得しないですよね。仕方ないけど。

人間関係:気の合う友人に時間を使いたい、仕事等であっても気の合わない人とはなるべく関わりたくない

人生において人間関係は多くのストレスや悩みの原因になると思います。

仕事では当然色々な人がいるので気に合わない人とも一緒に仕事をしたり、時にはクレーマーじみた話の通じない人とも接しなければなりません。
プライベートでも複数人のグループとかで、気の合わない人と関わる人もいますよね。

僕は「自分と気の合わない人」や「話の通じない人」とはできる限り関りを持たず、「気の合う人」に時間を使いたいな思いました。

僕の場合はあまり人間関係で悩むことはなかったのですが、それでも「会社員として上司の言うことを聞く」とか「自分に非がなくても会社のお客さんには謝る、下手に出る」とか社会的に当たり前のことはしなくてはならないですからね。

「自分の人生にとってどうでも良い人」に多く時間やエネルギーを消耗して「自分の人生にとって大切な人」をないがしろにするって結構あるあるだと思うので、ここを改善したいなと思いました。

家族:家族が困らないよう、時間もお金も使える余裕を持ちたい

家族や親友等が困った時、できれば助けられればなと嬉しいなと思っていました。
例えば、僕はペットを飼っていないのですが、ペットを例に挙げてみると

ペットの具合が悪いからとか、もしかしたら死んでしまうかも…とかの状況だとしても、社会的には仕事を休んでつきっきりとかしにくいですよね。

「ペットも家族だ!休みな!」といってくれる会社もあると思いますが、流石に1ヵ月休むとかは難しいです。仮に休んだとしても給料がカットされてしまいお金に困ります。

人生では自分のこと以外の要因でも、どうしても優先したいことは出てくるはずです。
そういった時に使える「時間」や「お金、資金」に余裕を持ちたいという感じです。

会社員として働いていた当時の僕だと、時間もお金も余裕は持てなそうでした。

趣味:全力で楽しめる趣味を常に持っていたい

全力で楽しめる趣味を持っていれば、人生がもっと楽しくなりそうですよね。
とはいえ、当時の僕は「仕事以外の時間=仕事までの刑執行猶予期間」だったので、手放しで趣味を楽しめる気分じゃなかったです。

好きなことをしている時間は楽しいけど、なんか後ろめたさがあるみたいな感じです。

場所:転勤などで住む場所を強制されたくない

僕は元々転勤が嫌で、大幅な転勤がない会社に就職したので、急に知らない地方に飛ばされる心配はなかったです。

といっても、平日の朝までには会社のある地域にいなければ出勤することができないので、自由ではなかったです。
20代前半時点の僕が自分で選んだ地域に、仕事を辞めなければ定年まで定住という制限がついています。

何をどう変えれば理想の生活に近づくか具体的に書き出す

「自分の今の生活・人生」と「理想の人生」の相違が分かったら、どうすれば理想に近づけるか具体的に書き出します。

現実の人生と理想の人生のギャップを減らせば減らすほど、将来の人生が豊かになるからです。

アメリカに住みたいが日本に住んでいる人

  • 英語の習得が必要:英会話教室に通ってみる等
  • アメリカでの仕事が必要:アメリカでも使えそうな実務スキルを身につける等
  • 移住資金が必要:日本にいる間に節約して貯金を貯める

上記の要領で、できる限り具体的に細かく書いていきます。

僕の場合の例

仕事内容:できるだけストレスを少ない業務

少しでも興味のある分野の仕事に替える
→ WEB制作の仕事に替えた

お金・給料:頑張った分だけ増える、上限なし

会社員の給料では難しそう
→ 個人事業主として開業を目指した

時間:拘束をなくしたい(8時~17時まで会社にいる等)

会社員では難しそう
→ 個人事業主として開業を目指した

人間関係:気の合う友人に時間を使いたい、仕事等であっても気の合わない人とはなるべく関わりたくない

会社員では難しそう
→ 個人事業主なので、気の合わない人とは付き合わないことにした

家族:家族が困らないよう、時間もお金も使える余裕を持ちたい

現代の会社員では難しそう
→ 個人事業主として開業を目指した

趣味:全力で楽しめる趣味を常に持っていたい

僕の場合は、会社員では難しそう
→ 個人事業主になって、刑執行猶予期間を消そう

場所:転勤などで住む場所を強制されたくない

会社員では難しそう
→ 個人事業主として開業を目指した

具体的に書き出すと言いつつ、紹介した例が全然具体的ではないのですが、無駄に長くなるので省略しました。

期限付きの計画を立てる

今の自分の人生をどう変えれば、理想の人生に少しでも近づけるか考えた後は、期限付きの計画を立てるのがおすすめです。

期限を決めなければ、なんだかんだグダグダ過ごしてしまい、いつの間にか忘れてるなんてことは人間のあるあるです。

僕も今日から筋トレ始めようと決めて、後でやろうと思っている間に忘れ、1週間後「そういえばやってない!」と気が付くことはよくあります。

なので、各項目に期限を決めて常に意識して生きましょう。

今から実行する

計画を立てたり、決めたりするだけで満足してしまうのも人間のあるある現象です。
先のことを考えたり計画したりするのってワクワクするし、成功した後の自分を想像して満足しやすいんですよね。

考えるだけでは、自分の人生は何も変わりません。
本を読むだけでは人生が変わらないのと同じです、

また、1回や2回実行しても何も変わりません。

「すぐに行動してそれを継続していれば、少しだけ変わる」といった爽快感ゼロの超地道ムーブですね。

もちろん僕も実行している途中だし、失敗だらけでなので偉そうなことは言えず、みなさんと同じ立場なので一緒に頑張っていきましょう。Let’s 地道。

人生において20代でやるべきことには答えはありません

ここにきて急に話の腰を折るのですが、「20代でやるべきこと」に答えは存在しません。

20代でやるべきこと・人生に答えはない

今回自分が決めた「20代でやること」を実行しても上手くいくかどうかはわかりません。
未来のことは誰にもわからないですからね。

といっても、「わからないまま進む」のは当然のことであって、誰しもが「上手くいくか」「何が正解か」わからないまま手探りで行動しています。

正解かどうかわからないから立ち止まるというのは微妙です。立ち止まっていてはそれが正解か間違いかどうかすら謎のまま終わります。

闇雲に進むのはNG

「正解は誰にもわからないから適当に進めば良いや」というのは避けるべきです。
「皆がこうしてるから自分もそうしよう」とかも同様ですね。

「自分の人生にとって明らかに不正解なこと」は考えることで、回避可能できます。

過去の僕の場合だと、会社員の立場では99.9%理想の人生に近づけないのに、何も考えず「とりあいず仕事を頑張る!それが当たり前だから!」とかです。

人生の時間は有限なので、焦る必要はないとしても、少し考えれば避けられる失敗や遠回りはやめましょう。

「超絶豪運改」や「主人公補正」を持っている自信がある人は適当でも良いと思います。
僕を含めそれ以外の人は、できる限り調べ、思考を巡らせ、行動しましょう。

何もしなくてもOK【人間なんて意味はない】

「理想の人生に少しでも近づくため、行動しよう」という話をゴリ押ししてきましたが、別に何もしなくてもOKです。

理由は単純で、日本に生まれ日本で生きていくなら、必要以上に頑張らなくても大半の人は結構幸せに生きられるはずです。

もちろん、大変なことや辛いこともあると思いますが、ギャンブルとかしない限り普通に快適な家でお腹一杯ご飯を食べて生きていけますよね。

人間なんて意味はない

僕は過去、「人間なんて意味ねんだ」という言葉を貰ったことがあります。

当時の僕は、「何かを成し遂げなきゃ」「何かで成功しなきゃ」という謎の使命感(誰かに期待されたわけでもなく自分で勝手に)がありました。

そんな僕が「人間なんて意味はない」という言葉を聞いて超納得&安心しました。

人間に意味はないから、何を頑張っても良いし、頑張らなくてもよい、成果を出さなくても良いし出してもよい、何をしても良い(犯罪はダメ)といった感じですね。

なので、僕は意味もなく勝手に頑張りたいだけなので、勝手に豊かな人生を目指そうと気楽に思うことができました。

自分のペースで進もう

人生は自分のペースで進んでOKです。
人間に意味はないですからね。

なので、「20代でやるべきこと」を始めても途中でやめたり、休憩したりしてもOKです。

途中で何か違うなと思えば、方向転換しましょう。
僕も何度も失敗して方向転換しています。

20代以降も失敗や方向転換、休憩は続いていくはずです。

 20代で人生を大きく変えよう【小さくでもOK】

この記事の内容をまとめると次のとおり

  • 「20代でやるべきこと」は6つ
  • その①:自分の価値観を具体的に書き出す
  • その②:どんな生活や人生を送りたいか具体的にイメージする
  • その③:現状の自分の人生との相違を見つける
  • その④:何をどう変えれば理想の生活に近づくか具体的に書き出す
  • その⑤:期限付きの計画を立てる
  • その⑥:今から実行する
  • 人生に答えはないので、正解がわからなくても進んでOK
  • といっても、考えればわかる失敗は避けるべき
  • 何もしないのもOK、なぜなら人間に意味はなく自由だから
  • 失敗や方向転換、休憩をしつつ自分のペースで進もう

上記の通りです。

僕はまだ20代後半だし、やるべきことを実行している途中なので、人にアドバイスできるような立場ではないかもです。

ですが、少なくとも僕の人生は20代で大きく変わりました。
会社員を辞めてフリーランスとして独立したことは、僕の今後の人生にとって大きな変化になるはずです。

小さな変化でも構わないので、20代の今、自分の人生を豊かにするため動けば、30代・40代の人生に良い影響を与えるはずです。

悪い影響になってしまうこともあるかもですが、そこは改善や方向修正していきましょう。
「何もしない」選択をしたのが悪い影響に繋がる可能性もあるし、結局未来はわかりません。

Nobody’s gonna live for you.
あなたの人生を代わりに生きてくれる人はいないわ
Dolly Parton(ドリー・パートン)

僕の座右の銘の1つです。
少し恥ずかしいですね。